人類に近い絶滅してしまったネアンデルタール人はヨーロッパ地域で生活していた

ネアンデルタール人といえば、現在の人類に近い絶滅してしまった人類で、主にヨーロッパ地域で生活していた事は有名な話でしょう。

実は現在の人気であるホモサピエンスのDNAには最大で4%が、ネアンデルタール人のものであると考えられているのだそうで、その昔何らかの繋がりがあったものと考えられているそうです。

ホモサピエンスとほぼ同じ大きさの脳を持っていたとされるネアンデルタール人は、より強靱な肉体を持っていたとされていますが、ホモサピエンスが残ってネアンデルタール人は絶滅してしまいました。

どちらかというとヨーロッパの環境にネアンデルタール人の方が適用していたと考えられているようですが、本当に不思議な話です。

数千年間は、ホモサピエンスとネアンデルタール人が同じ地域で共存していたようですが、なぜネアンデルタール人だけ絶滅してしまったのか非常に興味のある話です。